詳しく紹介します!
2020.10.05

Fantastic Acid / PMH a.k.a. Progressive Modern Hull,

201004_YGGL_1.jpg201004_YGGL_2.jpg
  ファンタスティック・アシッドのモデル紹介、昨日に続いてさらにご質問が寄せられた、PMHことプログレッシブ・モダン・ハルをもっと詳しく紹介しましょう。

みなさん、この名モデル名から、進化系ハルといったコンセプトをイメージすると思います。
シンプルに言っても詳しく言ってもまったくその通りで、実際に作って乗ってみて私はそれ以上にこのモデル名はドンズバというよりもさらに、剛速球クラスの命名に感心しました。

シンプルに説明すればこのモデル、純度の高いハルのままでありながら現代的なマニューバー性を持ち合わせている、ということになります。

ハルっぽい、というのは話の圏外として、ここではもちろんシリアスなハル・ビルダーたちの間ではこのようなコンセプトのトライは今までにも見られるものです。
で、ここで強調して伝えたいのは純度が高いというところで、これはつまりマニューバー性を求めるとどうしてもハルのお味が薄まりがちだったからです。

PMHはそこをブレイクスルーしたんです、と言ったら簡単すぎるけど、それがうれしい驚き。

サーファーにとっては好みというものがあるので、いつものようにどの作品が正しいという話ではありません。
で、このコンセプトのために今までよく見られるデザインは、ノーズの大きさを控えめにしてテールエリアをやや加えたアウトライン・ロッカーを加える・控えめなディスプレイスメントパート・サイドバイトを付ける、おおよそこのようなアレンジ。

PMHでもこれらの手法のいくつかは見ることができますが、実は心臓部はむしろ逆の手法と言ってもいいアイデアを編み出しています。

例えばロッカーは、むしろ全体にローロッカーとされています。
それでさらにテールにも、スライトキックも無くハルらしいパネル機能すら強調されています。
そしてアシッドお得意の、ボトムのディスプレイスメントパートとパネルパートの強いコントラストは相変わらず。

これらの真逆のような手法を取りながら、どうやって新しいマニューバー性を作り出しているかというと、ローロッカーによってアウトラインのカーブをさらに作用させて、それをサポートするようにボトムのコントラストとレールフォイルのバランス変化+ボード全体のフォイルバランスによって、柔軟で積極的な動きを生んで"動く板"にしているのです。

201004_PMH_1.jpg201004_PMH_2.jpg
モデル名にあるプログレッシブって、前衛的といった意味もあると思いますが、私はですね、そこの逆転の発想的なデザインを実行したところにそのプログレッシブてのが込められているんじゃないかと驚いたわけです。

進化、と言っても必ずしも新しい方向性や、よりモダン寄りというばかりでなく、そもそもアシッドのレギュラーなハルたちの大胆なコントラストそのものがすでに進化です。

ですからPMHは単に新しいというのでは無く、今までなかったものが現れた。

ディープなフィーリングが好きで、波によっては、あるいは単純にたまにはマニューバーも楽しみたい。
もちろんストレートにマニューバー性をもろに持ち合わせたハルが欲しい。

そんなサーファーに、ぜひお勧めします!

ファンタスティック・アシッドは次回入荷分のカスタムオーダー受付中です。
オーダー・ご相談など、お待ちしています。

201005_PMH_FIN.jpg


M's SURF & SPORTS
営業時間のお知らせ

TEL045-851-5506

住所横浜市戸塚区東俣野町980-2

営業時間平日 13:00〜19:00
土日・祭日 11:00〜18:00

定休日毎週水曜日・第2第4火曜日

駐車スペースのご案内