PAVEL BEETLE
2019.01.13

ミッドレングスが、にぎやかです。

短い板に乗ってるサーファーも、ロングボードに乗ってるサーファーも、どっちからでも近くて馴染みやすい
しかも波のサイズやコンディションにも守備範囲が広いから、自然と出動頻度も多い。

そんな理由で製作者にとっても、波乗りイメージやフィーリングのアイデアがいろいろと生まれてきます。
実際、ショートボードに近い活発でクイックなマニューバー性で遊べる板から、ロングボードの基本機能までカバーしてゆったりしたライド感の板まで、その間によりどりみどりなんです。

190112_710BTL_1.jpg190112_710BTL_2.jpg
このパベル・ビートル、ここ2年ほど多くのシェイパー達が注目するコンセプト。
特徴的な、カーブの多いテールエリアとちょっと絞ったノーズ。
組み合わされるロッカーやボトムデザインは意外なほど自由度があるようで、リッチはこのモデルにいくつかのデザインの組み合わせをします。

PAVEL BEETLE、リッチは扱いやすくクセの無い操作性にしつけてあります。

サーファーにとっては比較的小さな動きと力で、素早いけどスムースに綺麗な動きの板。
そして速い!、それは滑り出しから。

乗り方に慣れて板になじむにつれて、自然と洒落た雰囲気をライダーがまとうようになるという筋書きがデザインされたこの板、ぜひお試しください。

この板の商品ページは、PAVELのストック紹介からどうぞ。
http://ms-surf.com/board/2018/11/710-beetle.html