ツインチン・リポート、フィン編
2022.10.07

221006_76TC.jpg221007_TC.jpg
TWIN CHINはカスタム・オーダーでもストックでも、英進ハンドフォイルのウッドフィン・グラスオンとFUTUREプラグ・バージョンのどちらでもお選びいただけます。
ちなみに写真のストックは、FUTUREプラグ。現在ストックはこちら1本のみになりましたが、これ7'6"。

で、友人が貸してくれたのがFUTUREバージョンなので、まだ試すことができていないものを含めて今回は3種類のフィンをトライできました。

結果、エムズのお勧めは、TRUE AMES / TA TWINと、NEYRA / TWIN(すみません。現在欠品中ですが)。

TA TWINは以前からいろんな場面でお薦めしてきたフィンですが、さすがTRUE AMESのハウス・テンプレートとフォイルデザインで、今までセットしてみたおよそどんなツインフィンボードにも安定のパフォーマンス。
こいつの良いところは、板の性格・個性をまんべんなくサポートして強調してくれる。速さ◎。ロードラッグ性も◎、このポイントはテイクオフの滑り出しから直後なんかではてきめんに違いが出ますな。

ですから、ツインチンのテイクオフ優位性と出だしからのとにかく滑りの速さにフィット。
さらにこの板の回転とリフトのダイナミクスの大きさをとても良く表します。乗り手の操作次第によるフィンの働きを済ませてから板の動きのキャラクターへの引き渡しが綺麗です。

フィンの選択は、もちろんそれぞれのサーファーによって様々です。
その板との馴染みの深度、その日の波、サーファー自身の状態や環境変化(他に乗る板たちのバリエーションとかもね)、そういった要素での変化もまた面白いものですからフィンが増えていくのもサーファーの小さな歴史。

220921_80TC_4.jpg
一方でこのTA TWINのようにおよそどんな板も嫌わず、いつでも安定の働きしてくれるフィンはマストですね。
サーフボードにとってフィンは本来、後付けパーツではなく板のデザインそのものなのですが、その一方で板の持っている機能性や感触の幅の強調ポイントの中心点を変えたりすることができます。

ツインチン、速さは特級でなにしろ動きの面白い板。そういうの好きな人にはもちろん、あまり馴染みのない人に新しい発見。
ぜひ見に来てくださいね。


M's SURF & SPORTS
営業時間のお知らせ

TEL045-851-5506

住所横浜市戸塚区東俣野町980-2

営業時間平日 13:00〜19:00
土日・祭日 11:00〜18:00

定休日毎週水曜日・第2第4火曜日

駐車スペースのご案内