シェイプルームから、EISHIN surfboards
2020.10.19

(シェイプルームの外、だけど)、アウトラインの最終アイデアに到達しました。

この板、しばらく前から佐藤英進と練ってきた、チャイン・ツイン(仮の名、でございます)。
ミッドレングスのツインフィンがフォーカス。

日本でただ一人、リッチ・パベルが弟子として学びを受ける佐藤英進は、リッチのいろいろなデザインを自分自身の細胞に取り込みます。
このチャインというデザインもその一つ。

チャインはもともと(私の覚えでは)70年代の中頃、サンディエゴ界隈で見られたアイデアで、アンダーレールにほどこすベベルド・プレーニングパネル。

サーフィンはあらゆるターンの連続であることに特に注目して、常にターンのプレーニング&ドライブ性をプッシュするデザイン。

よくできたチャインは、ターンの加速の立ち上がりの速さと伸びは特別。
さらにそれはむしろサーファーにより大きな力を要求しません。だからサーファーにはむしろ余裕を与えます。
レールtoレールのレスポンスと軽い操作性も大きな特長。

オリジナルが生まれたのがシングルフィン時代であることからも、シングルフィン系との相性はもちろん、当然ですがツインフィンとの相性は良いだけでなくツインフィンのキャラクターをさらに強調します。

この板、ご覧の通り細くないポイントノーズ、ワイドポイント・フォワード、やや細身に絞ったベイビー・スワローテール(ピンじゃあ、無い)、ってところもポイント。

せっかく滑らかなレールtoレールのチャイン、テールを絞ってポケットでの回頭レスポンスを求めます。
ただし、掘れた波でややギクシャクしがちなツイン+ピンテールや、バイトを求めるコンケーブベースのチャンネルによるパワーの無い波でのテールの硬さは克服したい、と。

もともと速さとドライブにアドバンテージのあるチャインだから、左右コンケーブのリリースエンドはツインフィンと絶対仲良しのベイビースワローを絞ったテールにコンボ。

興味のある方、ぜひお問い合わせくださいね!

201015_710TWIN.jpg


M's SURF & SPORTS
営業時間のお知らせ

TEL045-851-5506

住所横浜市戸塚区東俣野町980-2

営業時間平日 13:00〜19:00
土日・祭日 11:00〜18:00

定休日毎週水曜日・第2第4火曜日

駐車スペースのご案内